2017年01月12日

報道について.. 交通事故の視点から

なんだか悲惨な交通事故とか、老人の踏み違えなど、、交通事故がニュースに載らない日はないといってもいいだろう。
まだまだ交通事故って増えているんだねと感じてしまう。

しかーし、

http://www.jtsa.or.jp/topics/T-263.html

平成15年からずっと事故件数は減ってきている。
平成15年ごろに100万件くらいの事故件数だったものが、
平成27年は55万件くらいと半減している。

死者数は平成元年くらいに1万人くらいだったが、平成27年には4117人と半分以下である。
(平成元年〜15年は事故は増えているのに死者数は減っている。医療の進歩、車の安全装備の進歩などもあったということだろうね)

ということで、毎日の交通事故の報道の状況からはこんなに減っているという実績は全く伝わらない。
安心されると困るので、あえて悲惨な事故をあおる側面はあるのかもしれないが、
対策を考えたり、批評をする人は実数をもとに動かないとね。

posted by QHfactory at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ